インプラント大阪|インプラントが外れた

Q&Aインプラントのお悩み相談室

11.インプラントが外れた

インプラントが外れてきた場合3つの場合が考えられます。

(1)インプラントの上の被せものだけがとれてきた
(2)インプラントのアバットメントと呼ばれる土台の部分から外れてきた
(3)インプラント本体が骨との結合がなくなり外れてきた場合


上の被せ物やアバットメントが外れてきた場合の原因はセメントの漏洩により接着が無くなってしまったか、もしくはインプラント本体と上の被せ物とをねじ止めしていたネジが緩んだか、もしくは破折してしまったかによるものだと考えられます。よって(1)(2)の原因であるのなら、再び手術をしなくても上の被せ物の型取りをすれば大丈夫です。

少し大変になるのは原因が(3)の場合です。すなわちインプラントが外れてきた理由がインプラント本体が骨から外れてしまった場合です。
これはインプラント周囲の骨が減ってしまった可能性が高く再びインプラント本体を除去し、場合によっては骨造成を行い再びインプラント手術をしなくてはなりません。このときの症状としては、グラグラする以外に嚙むと痛いという自覚症状がある場合が多いです。
外れてしまったこと自体は大変なことですが、自分の歯ならばやり直すことはできませんが、インプラントはやり直すことが可能です。そのときは大変なことだと思いますが、もう一度しっかり骨造成を行いしっかり噛めるように頑張りましょう。

あと、もう一つ原因として、インプラント本体が破折しているときも稀にあります。このときは(3)のときと同様にインプラントを除去しもう一度インプラント手術をする必要があります。