インプラント大阪|インプラントがグラグラする

Q&Aインプラントのお悩み相談室

12.インプラントがグラグラする

インプラントがグラグラする理由は2つ考えられます。

(1)上の被せ物(土台を含む)が外れてきている場合
(2)インプラント本体が骨との結合がなくなり浮いている状態


(1)の場合はインプラントがグラグラする理由が被せ物の破折なのか、もしくは被せ物とインプラント本体とを止めるネジが緩んでいる場合、もしくは折れている場合が考えられます。これらの理由の場合は被せ物だけのやり直しだけですみ再びインプラント手術をする必要はありません。

(2)の場合はもう一度インプラント手術をする必要があります。そしてこの原因のときは嚙むと痛いという症状がある場合が多いです。インプラントがグラグラするということは周りの骨が無くなっていることを意味し、まずはインプラントを除去し、場合によってはもう一度、インプラントを支える骨を増やすGBRという骨造成の手術を行った後にインプラントを再び埋入する必要があります。
インプラントが外れたこと自体は不幸なことですが、自分の歯ではできない、もう一度インプラントを入れて噛めるようになることは可能です。インプラントの周りの骨が無くなった原因があるならば(大抵はインプラント周囲炎のことが多いです。)、今度はそうならないように気をつけましょう。