インプラント大阪|インプラント長持ちの秘訣

Q&Aインプラントのお悩み相談室

5.インプラント長持ちの秘訣

インプラントを長持ちさせるにはまずインプラントを失う理由を知っておく必要があります。
インプラント失う理由は

インプラントの歯槽膿漏、歯周病(インプラントタイテス)
インプラントにかかる過度の噛む力によるオーバーロード

この2つが重要です。
これらを防ぐことがインプラントを長持ちさせる秘訣となります。

それでは、実際に上記のインプラントを失う理由を減らすにはどのようにしたらよいのでしょうか?

(1) 定期的に歯周病予防のため歯科医院でのメンテナンスを受ける。
インプラントは歯周病に弱く天然の歯よりも歯槽膿漏にかかりやすいのです。定期的に歯石やクリーニングへいきましょう。理想は3−4ヶ月に一回です。

(2) 噛み合わせの調整が非常に重要
天然歯は歯根膜という繊維で釣られている状態であり、それらがクッションの役割となり過度の力を和らげる機能があります。一方、インプラントは骨に癒着しており、そのようのクッションは無くダイレクトに力が骨に伝わります。よって、噛み合わせをしっかり調節しておかないと、インプラントに過度の力が加わり骨との結合がなくなってしまう場合があります。

(3) 良い歯茎(角化歯肉)をインプラントの周りに獲得
歯茎には角化歯肉と粘膜の二種類があります。角化歯肉はわかりやすくいうと鱗のように硬く、歯ブラシの際も痛みを軽減し、インプラントの感染リスクを減らします。FGG(遊離歯肉移植術)という手技を行うとインプラントの周りにその歯茎を獲得できますが、歯科医師の技量によってできる場合とできない場合がありますので相談することをオススメします。