お問い合わせTEL 06-6627-3031

骨が足りなくてもインプラントができる?骨造成・骨移植について解説

「インプラントにしたいけど、顎の骨が足りないと言われた…」

「骨が脆いとインプラントができないって本当?」

インプラント治療を成功させるためには、インプラント体がしっかりと固定するのに十分な深さや頑丈さのある骨が必要になります。しかし高齢の方や歯周病で骨の一部を失ってしまった方、生まれつき顎の骨が薄い方など、そのままの状態だとインプラント治療を行うのに不十分な状態の患者様も多いです。

ではこういった場合は、インプラントを諦めなくてはならないのかというと、そんなことはありません。現在は技術の発展に伴い、お口の中から採取した頑丈な骨を患部に移植したり、骨の再生を促す薬剤を使用して骨を新たに作ったり、という治療法が確立されています。これが、「骨移植」「骨造成(骨増成とも)」です。

当記事では、顎の骨が少なかったり脆い方でもインプラント治療を受けられるようになる、「骨移植」「骨造成」について、以下の内容まで詳しく解説します。

  • 骨造成・骨移植とは?
  • 骨造成の主な技法
  • 骨造成のメリット
  • 骨造成のデメリット

インプラント治療を得意とする当院では、骨造成や骨移植は「できて当然」の技術だと考えていますが、実際にはこういった難易度の高い治療は行えない医院も多いようです。そういった医院では、顎の骨が足りないことを理由に、インプラントを断られる場合もあるでしょう。

他院で断られてしまった症例でも、当院では治療できる場合がございます。カウンセリングは無料なので、ぜひ一度お問合せください。

インプラント治療を安心して受けるための予備知識を幅広く得たい方は、こちらの記事で「インプラント治療を安心して受けるための技術や知識」について解説しているので、併せてご覧ください。>>【2022年版】インプラントとは?メリットやデメリット、医院の選び方まで全てを徹底解説!

骨が足りないとインプラントできない?骨造成ができない医院では断られる場合がある

骨が足りないとインプラントできない?骨造成ができない医院では断られる場合がある

まずインプラントの仕組みを簡単に説明すると、顎の丈夫な骨に土台となるインプラント体を埋め込み、それを支えに上部構造を装着することで、まるで天然の歯のような見た目、使用感を実現します。

そのためインプラント治療を成功させるには、必然的に丈夫な骨があることが前提となります。顎の骨が弱かったり、薄かったり、骨が失われている場合は、そのままではインプラント治療を行うことができません。

こういった場合に、インプラントをするのに十分な骨の強度を確保するため、骨移植や骨造成を行います。

骨が足りない状態で無理やりインプラントをするとどうなる?

そもそも骨がない場合は、インプラントできませんが、骨が少なかったり脆くても、無理矢理にインプラントを行うことは、理屈としては可能です。ですがこういった治療を行うと、インプラントの土台が十分に顎の骨とくっつかないので、インプラントがグラグラしてしまったり、最悪の場合は埋め込んだインプラント体が抜け落ちてしまうことがあります。またインプラント体がグラグラするということは、周りの骨に力を加えることになるので、強い痛みを感じたりする場合もあります。

そもそも骨に問題がある場合に、無理に治療を行う医院はないとは思いますが、患者様の強い希望があれば治療を行ってしまう医院もあるかもしれません。そのままの状態ではインプラントは難しい、と言われた方は無理に治療してもらうのではなく、必ず骨造成や骨移植をおこなってから、インプラント治療を受けましょう。

骨造成・骨移植とは?骨がなくてもインプラントを実現する!

先述した通り、骨造成や骨移植はご自身の丈夫な骨をインプラントを埋め込む箇所に移植したり、骨の再生を促す薬剤を使用して骨を増やす治療です。これにより、インプラントを埋め込む予定の箇所の骨を頑丈にしたり増やしたりして、インプラントの土台をしっかりと埋め込めるようにします。

インプラントを埋め込む予定の箇所に、ご自身の丈夫な骨がなかったり、骨が薄かったりするとインプラントがしっかりと骨に埋まらずに、グラついたり脱落してしまいます。骨造成・骨移植を活用することで、これまでインプラント治療の対象とならなかった方も、インプラント治療を行えるようになるのです。

骨造成(GBR)の主な2つの技法!「サイナスリフト」と「ソケットリフト」とは

当記事では骨移植と骨造成について紹介していますが、骨移植についてはなんとなくイメージができると思います。ご自身のお口の中から、歯の噛み合わせなどに影響のない箇所の骨を採取し、それを患部に移植することで頑丈な骨を作り出します。

ですが骨造成は、一般の方にはなかなかイメージがしにくいでしょう。実は骨造成でも、ご自身の骨を採取し、患部に埋め込みます。ただしこの際に、骨補填剤という骨の代わりになる材料も一緒に患部に入れることで、より頑丈な骨を作り出します。

当院で行う骨造成は、主に以下に2種類です。

  • サイナスリフト
  • ソケットリフト

以下でそれぞれの治療法について、より詳しく解説します。

サイナスリフトの特徴は?骨が全くなくてもインプラントに十分な量を確保できる

サイナスリフトでは、上顎にある空洞の鼻腔(上顎洞)を横からあけて(ラテラルアプローチ)そこへ、インプラントのための骨をつくる手技のこと言います。上顎洞にはサイナスと呼ばれる粘膜があり、それを上顎洞底から剥がし、その空間へ骨を添加します。

インプラントのための多くの骨を造ることが可能で、骨が全くない人でも、十分な量の骨を造り、長持ちさせることができます。また後述するソケットリフトでは造れない量の骨を、サイナスリフトであれば一度に造ることが可能です。

ただしサイナスリフトは非常に難易度の高い治療で、当院のようにサイナスリフトを行える医院は、まだまだ少ないのが実情です。

ソケットリフトの特徴は?一度に作れる骨の量は少ないが治療期間も短くなる

ソケットリフトはサイナスリフトと比較して一度に作れる骨の量が少ない治療法になります。その代わり、骨造成による痛みが少なく、治療期間も大幅に短縮できます。

一般的な骨造成の際には、骨が出来上がるまで半年程度の治癒期間を経て、その後インプラント体を骨に埋入しますが、ソケットリフトは骨造成をおこなったその日にインプラント体を同時に埋入することができます。よって、骨が固まるのと同時にインプラントが骨に生着する現象が進行するので、大幅な治療期間の短縮になります。

まとめ:骨がなくてもインプラントはできる!他院に断られても諦めないで

当記事では、骨がなかったり骨が脆い、薄い人でもインプラント治療を可能にする、骨移植・骨造成について解説しました。

骨に問題を抱えたままでインプラント治療を行うと、インプラント体がしっかりと骨と結合せず、インプラントがグラグラしたり脱落したり、痛みが生じたりといったリスクがあります。またそもそもインプラント治療を断られてしまう場合も多いです。

当記事で紹介した骨移植や骨造成は、非常に繊細で難易度の高い治療のため、行える医院が限られてしまう治療です。当院では多数のインプラント治療をおこなっており、その中で多くの骨造成、骨移植治療も行ってきました。特に難易度の高いサイナスリフトなどの術式も、自信を持ってご提供できます。骨に問題があり他院で治療を断られてしまった、という方も当院であればインプラント治療ができる可能性があるので、ぜひ一度ご相談ください。初診のカウンセリングは無料で行わせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

【執筆・監修者】

帝塚山Smile Design Clinic(スマイルデザインクリニック)

院長:岩下太一(歯学博士)

ITI日本支部公認インプラントスペシャリスト認定医
オステムインプラントインストラクター 講師
日本審美歯科学会 認定医
他、所属学会、認定資格多数

詳しい経歴はこちら

充実した無料カウンセリング

初回費用は一切かかりません。安心してご相談ください。

当院のインプラント大阪では患者様に安心してインプラント治療を受けて頂くために、無料カウンセリングを充実させております。お口の中のお写真やレントゲン写真、場合によってはインプラントの骨を確認するためのCT撮影も無料で行います。もちろん、初回なので一切費用はかかりません。患者様に今のお口の状態を知って頂き、納得してインプラント治療を受けて頂くことが私たちの喜びです。

ITIインプラントスペシャリスト認定医

~ 世界レベルのインプラント治療をあなたへ ~

インプラント大阪の院長はインプラント治療を他の歯科医師に教えるインストラクターの指導的立場として歯科界に貢献しております。また世界的に有名なインプラント学術団体のITI(International Team for Implantology)の日本支部公認インプラントスペシャリストの認定医でもあります。他院で難しいと言われたインプラント治療でもインプラント大阪では十分に対応できる技術があります。

大阪インプラント

大阪市阿倍野区帝塚山
1丁目2-4 2F
[診療時間] 完全予約制
診療時間:10:00 ~ 18:00
休診:木曜日、日曜日
(学会等で変更する場合がございます。)
阪堺電気軌道上町線 姫松駅 徒歩2分
南海高野線 帝塚山駅 徒歩10分