お問い合わせTEL 06-6627-3031

お問い合わせ電話をかける

インプラント一次手術とは?手術の内容や必要な期間、術後の注意点を解説

インプラント一次手術とは?手術の内容や必要な期間、術後の注意点を解説

「インプラント一次手術って何?」

「一次手術があるってことは二次手術もあるの?」

当記事ではこういったインプラント一次手術における疑問を全て解決します。インプラントの治療の流れは一般の方には少し難しい内容で、さらに常に一定の流れになるわけではありません。インプラント一次手術とは、インプラント治療全体の流れの中の一部を指しています。

インプラント治療の流れ全体を知りたい方は、こちらの記事で解説しているので、ぜひご覧ください。>>【簡単解説】インプラント治療の流れを段階ごとに7ステップで紹介!

インプラント一次治療については、以下の内容を当記事で解説します。

  • インプラント一次手術とは
  • インプラント一次手術の具体的な内容
  • インプラント一次手術の手術時間
  • インプラント一次手術の術後の注意点

当記事を読めば、インプラント一次手術についての理解が深まり、安心してインプラント治療を受けられるでしょう。

当サイトではインプラントについて、幅広い内容を紹介しています。より広くインプラントについて知りたい方は、こちらの記事で「インプラントの基本の全て」を解説しているので、併せてご覧ください。>>【2022年版】インプラントとは?メリットやデメリット、医院の選び方まで全てを徹底解説!

インプラント一次手術とは?インプラント二回法の際に必要な手術

インプラント一次手術とは?インプラント二回法の際に必要な手術

インプラント一次手術とは、「インプラント二回法」というインプラント治療法の際に必要になる治療過程です。

前提として、インプラントには大きく分けて、以下の2通りの治療法が存在します。

  • インプラント一回法
  • インプラント二回法

その名の通り、インプラント一回法では一回の手術で、インプラント二回法では二回の手術で、インプラント治療を行います。インプラント一次手術は、インプラント二回法の際に用いられる、一回目の手術です。二回目の手術のことは、インプラント二次手術と呼びます。

インプラント二次手術については、こちらの記事で解説しております。>>インプラント二次手術とは?手術の内容や必要な期間、術後の注意点を解説

インプラント一回法と二回法の違いは?

インプラント一回法と二回法は、それぞれ手術を行う回数の異なる治療方法です。

インプラント一回法は、手術が一度で済むため、患者様の身体的な負担や通院回数などが少なくなります。対してインプラント二回法は、手術が二度必要なので、通院回数も多く身体的な負担も増えてしまいます。

それなら一回法の方が良いのでは、と思われる方は多いでしょう。ですが、インプラント一回法は「二回法で二回に分けている手術内容を一度に行う」ことになります(厳密にいうと少し違うのですが)。

通常二回に分ける手術工程を一度に済ませる一回法は、もちろん患者様の負担の少ない良い治療法です。ですが難易度が高く、一回法に対応していない医院も多いです。さらに患部の状態によっては、一回法に対応した医院でもできない場合が多々あります。

そのため、二回法の方がより多くの症例に対応できる、万能な治療法だとされています。

インプラント一次手術の具体的な内容は?歯茎の中にインプラント体を埋め込む

インプラント一次手術の具体的な内容は?歯茎の中にインプラント体を埋め込む

インプラント一次手術では、歯茎を切開してあごの骨の中に、インプラントの土台(インプラント体)を埋め込みます。

具体的にはまず、歯茎を切開し、インプラントの埋入予定箇所の骨を確認します。その後一次手術前の検査で決めたインプラント体の埋入位置に、目印として小さな穴を開けます。

この穴を基準に、インプラント体を埋め込むのに十分な大きさの穴を開けますが、この際に骨組織の火傷が問題になります。骨組織は43℃で火傷を起こすので、一度にドリルで穴を開けると容易に火傷してしまいます。そのため水を注入しながら、小さなドリルから大きなドリルへと切り替えつつ、少しずつゆっくりと穴を開けていきます。

充分な大きさの穴になったら、インプラント体を埋入し、切開した歯茎を再度覆い被せて縫合し歯茎を閉じます。

一次手術を行うメリット:ほとんどの症例に対応できる

先述した通り、インプラントには一回法と二回法があり、インプラント一次手術を行うのは二回法です。二回法における一次手術ではインプラント体を完全に歯茎の中に埋め込み、定着するまで歯茎は閉じたままにします。その後二次手術では、インプラント体があごの骨に定着するタイミングで、歯茎を再度切開してインプラント体を歯茎の外に露出させます。

対して一回法では、インプラント体を完全に歯茎の中に埋め込まず、最初から一部を歯茎から露出させた状態にします。これによりあごの骨にインプラント体が定着したタイミングで歯茎を再度切開する必要がなく、手術工程が少なくなるのです。

ただし一回法ではインプラント体の一部を歯茎から露出させておくため、骨が弱い方や骨量が少ない方は、あごの骨とインプラント体がうまく結合しない場合があります。そのため全ての症例で一回法が適用できるわけではありません。

二回法の場合、歯茎の中にインプラント体を完全に埋入して定着を待つため、一回法よりも多くの症例に対応できます。

インプラント一次手術にかかる時間は?数時間程度で手術は完了する

インプラント一次手術にかかる時間は?数時間程度で手術は完了する

インプラント一次手術の手術時間は短く、一本につき15分〜30分程度で手術が完了します。一度に入れるインプラントの本数が増えれば、本数分だけ手術時間が長くなります。

手術自体の時間は一本あたり15分〜30分程度なので短いですが、麻酔をうったり手術後に患部の状態をチェックしたり、といった時間も必要です。そのため入れるインプラントが1本だけの場合でも、拘束時間は2時間〜3時間程度になると思っておきましょう。

インプラント二次手術まで数ヶ月の間は待つ必要がある

インプラント一次手術の手術時間は長くても数時間程度ですが、二次手術を行うまでにはある程度の期間が必要です。

一次手術であごの骨に埋め込んだインプラント体が、あごの骨に定着するのを待って、二次手術で歯茎からインプラント体を露出させます。そのためあごの骨にインプラント体がしっかりと定着するまで、十分な期間を開ける必要があるのです。

具体的な治癒期間は、上顎の場合で5ヶ月~6ヵ月、下顎の場合で3ヶ月~4ヵ月ほどになる場合が多いです。もちろんこの期間は、あごの骨の治癒力や元々の骨密度などにも左右されます。

インプラント一次手術の後は痛い?食事は取れる?術後の過ごし方を解説

インプラント一次手術の後は痛い?食事は取れる?術後の過ごし方を解説

インプラント一次手術では、歯茎の切開やあごの骨に穴を開ける手術が伴うため、痛みが心配な方も多いでしょう。手術中はもちろん麻酔を使用するので痛みはほとんどありませんが、術後はどうでしょうか?

インプラント一次手術後の痛みは、ほとんどの場合「抜歯した時と同程度」だと言われています。痛みが続く期間は人によりますが、1週間前後は患部に痛みが残る方が多いです。ただし手術後には痛み止めのお薬が処方されるので、処方薬を飲んでいればほとんどの場合は痛みが治ります。万が一、処方された痛み止めの薬を飲んでも痛みがひかない場合は、遠慮せずに担当医に相談しましょう。

また一般的に、痛みは1週間前後で引くとされていますが、患部の違和感や不快感は1週間〜3週間程度続くと言われています。痛みがある場合も違和感や不快感がある場合も、患部を手や舌で触ったりはしないように注意が必要です。

一次手術後の食事事情!3日程度は食事に気を遣った方がよい

インプラント一次手術の直後は、食事に気を遣う必要があります。

手術直後の数時間は、麻酔が残っている場合があり、熱い飲み物などでは火傷してしまう可能性があるので避けましょう。

麻酔が完全に抜けてからも普段通りの食事ができるわけではありません。インプラント一次手術は切開を伴うので、術後数日間は患部に刺激を与えないように注意が必要です。具体的には、以下のような食事は避けましょう。

  • 香辛料を使った食べ物
  • 酸味のある食べ物
  • 甘い食べ物
  • 熱い食べ物
  • 硬い食べ物

最低でも術後3日程度、できれば1週間ほどは、咀嚼の必要がない柔らかい食事にしましょう。おかゆや良く煮たうどん、ゼリーなどが望ましいですね。
インプラント術後の食事については、さらに詳しくこちらの記事で解説しています。>>インプラント手術後の食事事情は?術後に適した食事や制限などについて徹底解説

一次手術後に飲酒・喫煙の制限はある?飲酒は1週間は控えるのが理想

インプラント一次手術後は、食事だけでなく飲酒や喫煙にも注意が必要です。

飲酒は患部に刺激を与えます。またアルコールは血行を促進するため、以下のような症状が出る恐れがあります。

  • 患部が腫れる
  • 患部から出血する
  • 患部に炎症がおきる
  • 患部の治りが悪くなる

また喫煙に関しては、最低でも2週間ほどの禁煙、理想としては8週間は禁煙を行うべきだとされています。

まとめ:インプラント一次手術の後は食事に注意!インプラント一回法も検討の価値がある

とめ:インプラント一次手術の後は食事に注意!インプラント一回法も検討の価値がある

当記事では、インプラント一次手術について解説しました。

インプラント一次手術は、インプラント二回法で治療を行う際に発生する手術手順です。一次手術は歯茎を切開し、あごの骨の中にインプラント体を埋め込みます。

一次手術の手術時間はとても短く、インプラント1本あたり15分〜30分程度で完了します。ただし術前の麻酔や術後のチェックにも時間がかかるので、一次手術当日は最低でも2時間はかかると考えておきましょう。

またインプラント一次手術後には、食事に制限があります。飲酒や喫煙もしばらくはできないので、注意が必要です。

当記事でも何度か触れていますが、インプラント治療には、手術が一度で済むインプラント一回法という手術法があります。ただし、インプラント一回法はどんな症例にも適用できるわけではありません。ご自身がインプラント一回法で治療できるかどうか、一度医院で確認するのが良いでしょう。

当院のドクターはインプラント一回法の経験も豊富で多数の症例を抱えています。カウンセリングは無料ですので、ぜひ一度気軽にお問い合わせください。

大阪インプラント

大阪市阿倍野区帝塚山
1丁目2-4 2F
[診療時間] 完全予約制
診療時間:10:00 ~ 18:00
休診:木曜日、日曜日
(学会等で変更する場合がございます。)
阪堺電気軌道上町線 姫松駅 徒歩2分
南海高野線 帝塚山駅 徒歩10分