お問い合わせTEL 06-6627-3031

お問い合わせ電話をかける

【決定版】インプラント治療のメリット・デメリットやリスクを徹底解説!

【決定版】インプラント治療のメリット・デメリットやリスクを徹底解説!

「インプラントのメリットはよく聞くけれど、デメリットはないの?」

「しっかりとメリットとデメリットを理解してからインプラント治療をするか決めたい」

インプラント治療は治療期間が長く、ある程度大きな費用がかかる治療です。そのため、簡単にはインプラント治療に踏み切れない、という方も多いでしょう。

歯科の立場としても、患者様にはメリットとデメリットを知った上で、インプラント治療を受けるか判断して頂くべきだと思います。

そこで当記事では、以下の内容を解説いたします。

  • インプラント治療とよく比較される治療
  • インプラント治療のメリット
  • インプラント治療のデメリット
  • インプラント治療のよくある誤解
  • 安心してインプラント治療を受けられる医院の見分け方

当記事を読めば、インプラント治療のメリットとデメリットがしっかりと理解できます。これらを理解すれば、あなたがインプラント治療を受けるべきか、他の治療が合うのか正しく判断できるでしょう。現在インプラント治療を検討している方、興味がある方は、後悔しないためにも必ず当記事をご覧ください。

当サイトではインプラントについて、幅広い内容を紹介しています。より広くインプラントについて知りたい方は、こちらの記事で「インプラントの基本の全て」を解説しているので、併せてご覧ください。>>【2022年版】インプラントとは?メリットやデメリット、医院の選び方まで全てを徹底解説!

目次

インプラント治療は万能でメリットだらけ?デメリットやリスクも当然ある

インプラント治療は万能でメリットだらけ?デメリットやリスクも当然ある

「インプラント治療は万能です」

「インプラント治療はどんな人でも受けるべきメリットの多い治療である」

インプラント治療について、このような意見が散見されますが、実態はそうではありません。インプラント治療にはさまざまなメリットがある反面、デメリットも存在しています。

そこで当記事では、インプラントのメリットを解説しますが、同時にインプラントのデメリットやリスクについても解説します。

メリットだけでなくデメリットやリスクを知ってインプラントをするか決めよう

どんな治療でもそうですが、特にインプラントはデメリットやリスクを知ってから治療を受けることが重要です。

インプラント治療では歯茎を切開してあごの骨にインプラント体を埋め込みます。そのため治療期間も長く、費用も高額です。インプラントにした後に「やっぱり辞めたい」となった場合、あごの骨からインプラント体を除去する必要があり、やはり大掛かりな施術になります。

当然インプラントにはメリットも多いのですが、デメリットを知らずに施術すると、取り返しがつきません。そのためインプラント治療では特に、デメリットやリスクを知ってから、治療を行うのが重要なのです。

インプラントとの比較対象は?入れ歯や差し歯、ブリッジが比較対象になる

インプラントとの比較対象は?入れ歯や差し歯、ブリッジが比較対象になる

インプラントのメリットとデメリットを解説する前に、まずはインプラントの比較対象を知っておくことも重要です。インプラントと比較されることが多い主な治療は、以下の3種類です。

  • 入れ歯
  • 差し歯
  • ブリッジ

「インプラント治療は入れ歯と比べてメリットがある」「インプラント治療はブリッジと比べてデメリットがある」このように理解することで、他の治療も選択肢に入れることができるでしょう。

「入れ歯」「差し歯」「ブリッジ」についてよく知らない、という方はこちらの記事で詳しく説明しているので、併せてご覧ください。>>【比較】差し歯、入れ歯、ブリッジとの違いは?インプラント以外の治療を解説

インプラントの7つのメリット!ブリッジや入れ歯にはないメリットが多数

インプラントの7つのメリット!ブリッジや入れ歯にはないメリットが多数

まずはインプラントのメリットについて解説します。インプラントの主なメリットは、以下の7つです。

  • 自分の歯のように食事ができる、しっかり噛める
  • セルフケアが簡単で手間がかからない
  • 周囲の健康な歯に負担がかからない
  • 骨が痩せるのを防ぎ健康を維持できる
  • 丈夫で長持ちする
  • 見た目が自然で美しい
  • 滑舌・発音に悪影響が出にくい

差し歯や入れ歯、ブリッジと比較してインプラント治療は高額な傾向にあります。ですがこれだけたくさんのメリットがあるので、インプラント治療を選択する方が非常に多いのです。以下で7つのメリットについてより詳しく解説するので、ぜひご覧ください。

インプラントのメリット①:自分の歯のように食事ができる、しっかり噛める

インプラントは食べ物をしっかりと噛んで、自分の歯と同じように食事ができます。この点がインプラント治療の最大のメリットだと言っても過言ではないでしょう。

インプラントの特徴として、あごの骨にインプラント体を埋め込むことで、あごと歯(インプラント)が結合することが挙げられます。それにより、自分の歯のような噛み心地が得られるのです。

インプラント特有の食事の際の感覚は、ブリッジや入れ歯では得難く、これが理由でインプラントを選んだという方も多いです。

インプラントのメリット②:セルフケアが簡単で手間がかからない

インプラントのメリットとして、セルフケアが非常に簡単だということが挙げられます。基本的には、自分の歯と同じように歯磨きや普段通りのオーラルケアを行えばOKです。インプラントだけに対して、特別なセルフケアを行う必要は有りません。

ただしインプラントはケアを怠るとインプラント歯周炎になり、最悪抜け落ちてしまう場合もあります。そのためケアが簡単だからといって、ケアを怠って良いわけではないのでご注意ください。

インプラントのメリット③:周囲の健康な歯に負担がかからない

他の治療法と比べて、インプラントは周囲の健康な歯に負担を掛けない点が優れています。インプラントでは、あごの骨に埋め込んだインプラント体を支えにするため、周囲の健康な歯には負荷がかかりません。

特にブリッジなどの治療法では、周囲の歯を支えにするため、周囲の健康な歯に本来より大きな負荷がかかります。負荷がかかることで、健康な歯が傾いてしまったりと、何かと弊害が出るリスクを知っておくべきでしょう。

インプラントのメリット④:骨が痩せるのを防ぎ健康を維持できる

インプラントのメリット④:骨が痩せるのを防ぎ健康を維持できる

インプラントは骨の健康を維持するのにも一役買ってくれます。入れ歯やブリッジを使用すると、歯の根っこを失った場合は咀嚼の際の力が骨には届きません。骨に刺激が届かないと、徐々に骨が痩せてゆき、それが周囲の歯にまで悪影響を及ぼす場合が有ります。

インプラント治療の場合、あごの骨にインプラント体を埋め込むため、しっかりと噛み合わせることができます。当然骨にも力が伝わるので、骨が痩せ細ることを防ぎ、周囲の歯も含めて健康を守ることができるのです。

インプラントのメリット⑤:丈夫で長持ちする

インプラントは非常に丈夫で長持ちする点も、大きなメリットでしょう。インプラントの素材には、一般的にチタンやチタン合金が使用されています。これらは人体との親和性が高いことで知られており、大変丈夫な素材です。

日々のオーラルケアを怠らず、しっかりと歯科でのメンテナンスに通えば、インプラントの寿命は10年以上にもなります。確かに治療費は高額ですが、しっかりと長持ちさせられれば、コストパフォーマンスの良い治療だと言えるでしょう。

インプラントの寿命や長く使うための秘訣については、こちらの記事で詳しく解説しております。>>【長持ちの秘訣】インプラントの寿命は?平均寿命や長持ちさせる方法を解説

インプラントのメリット⑥:見た目が自然で美しい

インプラントは審美性に優れ、自分の歯とほとんど見分けがつきません。やはり口元の印象は顔全体に大きな影響を与えますし、男性女性にかかわらず見た目の美しさを維持したい方は多いでしょう。

ブリッジや入れ歯などでは、金具が見えてしまったり、審美性が損なわれる場合が有ります。インプラントは金属部分が歯茎の内部に埋まっており、そういった心配も有りません。

さらに通常のインプラントよりも審美性が高いとされる、「ジルコニアインプラント」などの選択肢も存在しています。ジルコニアインプラントについては、こちらの記事で詳しく解説しております。>>【審美性に優れる】ジルコニアインプラントとは?使うメリットや費用感を徹底解説

インプラントのメリット⑦:滑舌・発音に悪影響が出にくい

歯を失って、入れ歯や差し歯、ブリッジの使用を始めた際によく問題になるのが、滑舌や発音への悪影響です。特に入れ歯の場合、歯茎の部分に厚みがあるため、発音がしにくくなったり滑舌が悪くなることが有ります。

対してインプラントは、自分の元々の歯と同じような形になるため、発音や滑舌に影響が出ることがほとんどありません。こういったメリットがあるため、営業職や接客業の方から特に、インプラントは高い人気を得ています。

インプラントの4つのデメリット!医院の技術次第でデメリットも多くなる

インプラントの4つのデメリット!医院の技術次第でデメリットも多くなる

ここからはインプラントのデメリットやリスクについて解説します。ここまで、インプラントのメリットについて色々と解説しましたが、本当に重要なのは「デメリットを知ること」です。しっかりとデメリットを確認した上で、メリットが大きいと感じた方は、インプラント治療を受けると良いでしょう。

インプラント治療の主なデメリットは、以下の4つです。

  • 治療期間が長くなる
  • 必ず手術が必要になる
  • 保険診療ではないため費用がかかる
  • 手術の後も定期的にメンテナンスが必要

現在インプラントに興味を持っている方や治療を検討されている方は、必ずこれらのデメリットを理解してから治療を行いましょう。以下でさらに詳しく、4つのデメリットについて解説します。

インプラントのデメリット①:治療期間が長くなる

インプラント治療の大きなデメリットとして、治療期間がとても長くなる、という点が挙げられます。

インプラントはあごの骨にインプラント体を埋め込みますが、骨に定着するまで長い時間を確保することが必要です。この時間を無理に縮めようとすると、インプラント体と骨の結合が弱くなり、さまざまな問題が発生します。

自分の歯の代わりとなる歯がすぐに欲しい、といった場合にはインプラント以外の治療の方がおすすめ、という場合もあるでしょう。

インプラントの治療期間についてさらに詳しい内容は、こちらの記事でご覧いただけます。>>インプラント治療にかかる期間や必要な通院回数は?治療方法ごとに解説

インプラントのデメリット②:必ず手術が必要になる

インプラント治療のデメリットとして、外科手術が避けて通れない、という点も挙げられます。

インプラント治療ではあごの骨にインプラント体を埋め込む必要があるため、必ず外科的な手術を行います。歯茎を切開してあごの骨に穴を開けるので、手術が怖いという方には不向きでしょう。

また現実的な問題として、妊娠中の方や全身疾患のある方は、インプラントに伴う外科手術を避けた方がいい場合も。インプラント治療に興味はあるけれど、疾患などの不安もある、という方は必ず医師に相談しましょう。当院では無料でカウンセリングを行っているので、お気軽にお問い合わせください。

インプラントのデメリット③:保険診療ではないため費用がかかる

多くの方にとって、インプラント治療の最大のデメリットは、費用が高額になることでしょう。インプラント治療は基本的には自由診療なので、保険適用がされず全額自費負担になります。そのため最低でも数十万〜と治療費用が高額になってしまいます。

インプラントは適切なケアをしてあげれば、他の治療と比べても長期間使用できます。コストパフォーマンス的な見方をすれば、一概に高額な治療だと言い切れない側面もあるでしょう。一度に高額な費用を払えないという方のためには、ほとんどの医院で医療ローンが用意されているので、検討してみてください。

費用に関して他の治療と比較するのはもちろんのこと、インプラントも医院によって費用が違うので、さまざまな医院で見積もりをとってみましょう。

またごく稀ですが、インプラントが健康保険の対象になる場合もあるので、こちらの記事も併せてご確認ください。>>【3分で分かる】インプラント治療は国民健康保険や医療費控除の対象になる?

インプラントのデメリット④:手術の後も定期的にメンテナンスが必要

インプラントのデメリット④:手術の後も定期的にメンテナンスが必要

インプラントは治療後にしっかりとメンテナンスを行う必要があります。例えば当院の場合だと、年に2回~3回はメンテナンスのために来院をお願いしています。

もしメンテナンスをしなかった場合、かみ合わせが悪くなったり、インプラント歯周炎を発症してしまう場合もあるでしょう。そういった状態に気付かずにインプラントを使い続けると、インプラントの寿命が短くなってしまいます。

「インプラントは定期的にメンテナンスが必要で面倒」

「インプラントは定期的にメンテナンスすれば長期間使用できてコスパが良い」

捉え方は人それぞれですが、事実として定期メンテナンスは必要です。定期的なメンテナンスを行う自信がない方は、インプラント治療は避けた方が良いでしょう。

よくある誤解:インプラントをするとMRIができない?

よくある誤解:インプラントをするとMRIができない?

「インプラントをしているとMRIができない」

「インプラントのデメリットはMRIができなくなること」

このように誤解されている方は多いですが、基本的にはインプラント治療を受けていても、MRIは受けられます。MRIを受ける際の問診で「インプラントはしていますか?」という質問があるため、このような誤解が広がったのでしょう。実はここでいうインプラントとは、心臓のペースメーカーなどのことを指しています。

歯に埋め込むインプラントについては、非磁性体のチタン金属を使うことが多いため、MRIの磁力の影響は基本的には受けないと考えて良いでしょう。

デメリットがあるからこそ!インプラントは医院選びが重要

デメリットがあるからこそ!インプラントは医院選びが重要

当記事ではインプラントのメリットとデメリットを解説してきました。特にインプラント治療はデメリットをしっかりと把握することが重要です。

結局のところ、インプラントのデメリットも、付き合い方次第です。例えば「インプラントは定期的なメンテナンスが必要」というデメリット。これは「しっかりメンテナンスすることで長期間インプラントが使えてコスパがよくなる」と考えることもできます。

ですが歯科のメンテナンスが不十分だと、しっかりメンテナンスに通っても、インプラントの寿命が長寿化しない可能性も考えられるでしょう。

また歯科の技術によって治療期間が短くなったり、手術による心身への負担も軽減されます。費用が高いからこそ、技術の低い医院でインプラント治療を行って、不満の残る結果にはなりたくないはずです。

こういった理由から、インプラント治療をする際には、医院選びが最も重要だと当院では考えております。医院選びのポイントは以下の通りです。

  • 治療前検査(レントゲン検査、CT検査、歯周病検査など)をしっかり行うかどうか
  • インプラント治療以外の選択肢についても案内してくれるかどうか
  • インプラント治療のメリットだけでなくデメリットについても説明してくれるかどうか
  • カウンセリングで質問した時に、どんな質問でも丁寧に答えてくれるかどうか
  • 設備が古すぎないかどうか
  • 衛生管理をしっかり行っているかどうか

上記のすべてのポイントに当てはまる歯科医院を選ぶようにしましょう。インプラント治療は高額で、時間もかかります。後悔しない治療生活を送るためには、慎重に歯科医院を選ぶことが大切です。

まとめ:インプラントのメリットとデメリットをしっかりと理解して手術するか決めよう

まとめ:インプラントのメリットとデメリットをしっかりと理解して手術するか決めよう

当記事では、インプラントのメリットとデメリットについて解説しました。インプラント治療には多大なメリットがある一方で、やはりデメリットも存在しています。

「入れ歯」「差し歯」「ブリッジ」と、インプラント以外にも、選択肢はさまざまです。しっかりとメリットとデメリットを理解して、あなたに合った治療方法を選ぶのが良いでしょう。

またインプラント治療にはデメリットがあるからこそ、真摯にあなたと向き合ってくれる医院を選ぶことが重要です。特に「インプラントにデメリットはない」という説明をするような医院を選ぶのはおすすめできません。

インプラント治療を検討している方は、まずは医院でカウンセリングを受けて、自分に合った医院を見つけるのが良いでしょう。当院では、カウンセリングを無料で行っています。「インプラント治療に興味がある」「自分がインプラント治療に適しているか知りたい」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

大阪インプラント

大阪市阿倍野区帝塚山
1丁目2-4 2F
[診療時間] 完全予約制
診療時間:10:00 ~ 18:00
休診:木曜日、日曜日
(学会等で変更する場合がございます。)
阪堺電気軌道上町線 姫松駅 徒歩2分
南海高野線 帝塚山駅 徒歩10分