お問い合わせTEL 06-6627-3031

お問い合わせ電話をかける

治療期間中を安心して過ごせる!テンポラリーインプラントについて解説

治療期間中を安心して過ごせる!テンポラリーインプラントについて解説

「インプラント手術直後にいつもの食事を取りたいけど出来るのかな…」

「インプラントの治療期間中の見た目が心配…」

このような疑問やご不安をお持ちではありませんか?インプラントは、約3ヶ月~1年とバラつきはあるものの、治療期間が長い治療法であることに変わりはありません。治療中の食事や見た目にストレスを抱えたまま、長期間を過ごすのは嫌ですよね。しかし、ご安心ください。それらの悩みを一気に解決できるテンポラリーインプラントと呼ばれるインプラントの1種があるのです。

そこで当記事では、以下の内容を解説いたします。

  • テンポラリーインプラントとは一体なに?
  • テンポラリーインプラントを使用する4つのメリット
  • テンポラリーインプラントを使用しない場合はどうなる?
  • テンポラリーインプラントを使用するデメリット
  • テンポラリーインプラントを扱っていない歯科医院も!

当記事を読めば、テンポラリーインプラントという選択肢について理解できます。テンポラリーインプラントを使用するメリットやデメリットについても併せて解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

インプラント治療を安心して受けるための予備知識を幅広く得たい方は、こちらの記事で「インプラント治療を安心して受けるための技術や知識」について解説しているので、併せてご覧ください。>>【2022年版】インプラントとは?メリットやデメリット、医院の選び方まで全てを徹底解説!

テンポラリーインプラントとは?使用することで治療期間を安心して過ごせる

テンポラリーインプラントとは?使用することで治療期間を安心して過ごせる

テンポラリーインプラントとは、簡単にお伝えすると、仮歯をしっかりと固定できる仮のインプラントです。

通常の仮歯は、入れ歯タイプや両隣の歯にセメントで付けるタイプなど、安定感が得られない方法で取り付けられます。あごの骨に固定されないため、しっかりと噛むことができません。元々、仮歯の目的は治療期間中の見た目の回復や、隣り合う歯の動きを防ぐことで、噛むことではないので当然といえば当然です。

一方、テンポラリーインプラントは、本物のインプラントの隣に埋入します。あごの骨にしっかりと固定されるので、見た目の回復など以外に噛む機能を持ち合わせているのです。通常のインプラントより細いため、長期的な使用には向いていません。しかし、本物のインプラントが骨と結合するまでの間の数か月であれば、問題なく使用できます。

また、インプラント手術の当日に、テンポラリーインプラントの埋入から仮歯の取り付けまで完了します。そのため、治療期間中のストレスを可能な限り軽減したい方に最適な選択肢といえるでしょう。

テンポラリーインプラントを使うメリットは?4つのポイントを解説

テンポラリーインプラントを使うメリットは?4つのポイントを解説

テンポラリーインプラントは、仮歯をしっかりと固定できる仮のインプラントと解説しました。テンポラリーインプラントには、インプラントの治療期間中のストレスを軽減するさまざまなメリットがあります。

テンポラリーインプラントを使用する主なメリットは、以下の4点です。

  • 治療期間中の食事をしっかり噛める
  • 治療期間中も歯があるような見た目を保てる
  • 周囲の歯の負担を軽減できる
  • 取り外しが簡単

これらの4つのメリットについて、以下でそれぞれ詳しく解説します。インプラント治療期間中の生活が不安な方は、ぜひご覧ください。

テンポラリーインプラントのメリット①:治療期間中の食事をしっかり噛める

治療期間中でもしっかり噛めることは、テンポラリーインプラントの最大のメリットと言っても過言ではありません。テンポラリーインプラントは、通常の仮歯とは違って、あごの骨に埋入できるので、固定感を得られます。そのため、普段と変わらない食事を不自由なく楽しめるのです。

また、インプラント手術の当日に、テンポラリーインプラントと仮歯を同時に取り付けられるので、手術当日から噛めます。「インプラントには興味があるけど、制限のある食生活が心配…」という方には、特に嬉しいポイントでしょう。

テンポラリーインプラントのメリット②:治療期間中も歯があるような見た目を保てる

テンポラリーインプラントを入れれば、治療期間中も歯があるような見た目を保てます。たしかに、入れ歯タイプや両隣の歯にセメントで付けるタイプなどの通常の仮歯でも、見た目の回復は可能です。

しかし、それらの通常の仮歯は、インプラント体の傷口が治ってから装着する場合がほとんどです。つまり、インプラント手術日から抜糸までの約1週間は仮歯をつけられません。テンポラリーインプラントであれば、手術当日に仮歯を装着できるので、すぐに見た目を回復できます。

目立ちやすい場所の歯を失くした場合など、すぐにでも見た目を回復したい方にとっては嬉しいポイントでしょう。

テンポラリーインプラントのメリット③:周囲の歯の負担を軽減できる

周囲の歯の負担を軽減できることも、テンポラリーインプラントのメリットの1つです。入れ歯を使用する場合は、食事の際の噛む力などは、入れ歯を支える周囲の歯に負担がかかります。両隣の歯にセメントで付けるタイプの仮歯も同様に、仮歯を支える両隣の歯に負担がかかります。歯に負担がかかると、歯の強度が下がってしまいます。

一方、テンポラリーインプラントは周囲の歯に頼らず独立しているため、周囲の歯に負担がほとんどかかりません。そのため、健康な歯に負担をかけたくないという理由から、テンポラリーインプラントを選ぶ方もいらっしゃいます。

テンポラリーインプラントのメリット④:取り外しが簡単

テンポラリーインプラントのメリット④:取り外しが簡単

テンポラリーインプラントは、本物のインプラントと違って、あごの骨と結合しません。そのため、不要になった場合は、すぐに取り外すことができます。

インプラントと聞くと、除去の際に大変な工程があるのではないかと想像する人もいるかもしれませんね。しかし実際は、取り外しの手術も、逆回転するだけなので簡単です。この気軽さも、嬉しいポイントの1つでしょう。

テンポラリーインプラントを使用しない場合は?入れ歯を使用する場合がある

テンポラリーインプラントを使用しない場合は?入れ歯を使用する場合がある

インプラント治療中には、絶対に仮歯を付けなければいけないわけではありません。奥歯など歯が欠損していても目立たない場所であれば、仮歯をつけずに過ごすこともあります。

一方で、目立ちやすい場所の歯が欠損している場合は、見た目の回復のため、仮歯をつけて過ごすことがほとんどです。その際、テンポラリーインプラント以外の選択肢としては、入れ歯タイプや両隣の歯にセメントで付けるタイプの仮歯があります。

ただし、入れ歯タイプやセメントタイプの仮歯は、テンポラリーインプラントより審美性に劣ります。そのほか、あごの骨に固定されていないため、しっかりと噛むことは難しいでしょう。そのため、見た目を重視する方や、治療期間中も食事を楽しみたい方は、テンポラリーインプラントを検討してみてはいかがでしょうか。

テンポラリーインプラントのデメリットは?別途で費用がかかる

テンポラリーインプラントのデメリットは?別途で費用がかかる

ここまで、テンポラリーインプラントにはさまざまなメリットがあることを解説してきました。しかし、デメリットが1つもないわけではありません。

テンポラリーインプラントを入れるには、別途費用が必要です。ただでさえインプラントの治療費は高額であるのに、さらにオプション料金がかかってしまうのは、デメリットの1つといえるでしょう。

当院では、テンポラリーインプラント1本、約50,000円からご案内しています。治療前に必ずお見積りを出して、しっかりとした説明なくオプションを付けることはありませんので安心してくださいね。

テンポラリーインプラントが無い医院も!しっかりと説明してくれる医院を選ぼう

テンポラリーインプラントが無い医院も!しっかりと説明してくれる医院を選ぼう

テンポラリーインプラントは、どこの歯科医院でも対応しているわけではありません。そのため、テンポラリーインプラントを入れたい場合は、対応している歯科医院を選ぶ必要があります。

ただし、テンポラリーインプラントを取り扱っていれば、どこでもいいわけでもありません。メリットばかりを伝えて、押し売りしてくる歯科医院が存在しないとは言い切れないからです。テンポラリーインプラントのメリット・デメリットをしっかりと説明した上で、患者様に選択肢を与えてくれる歯科医院を選びましょう。

まとめ:テンポラリーインプラントを使えば治療中もノンストレスで安心!

まとめ:テンポラリーインプラントを使えば治療中もノンストレスで安心!

当記事では、テンポラリーインプラントという選択肢について、メリットやデメリットと併せて解説しました。テンポラリーインプラントとは、仮歯をしっかりと固定できる仮のインプラントです。

本物のインプラントの隣に埋入するので、しっかりとした固定感を得られます。元々、仮歯の目的は、見た目の回復や隣接する歯の動きを防ぐことです。しかし、テンポラリーインプラントはそれらの機能に加えて、噛む機能も与えてくれます。そのため、治療期間中も不自由のない食生活を送りたい方にとっては、良い選択肢の1つでしょう。

また、テンポラリーインプラントのメリットは、嚙む機能だけではありません。そのほかにも、周囲の歯の負担を軽減したり、取り外しが簡単であったりと、さまざまなメリットがあります。インプラントの治療期間中のストレスも減るでしょう。

ただし、テンポラリーインプラントは、別途費用がかかるので注意が必要です。当院では、1本約50,000円からご案内しています。治療前には必ずお見積りを出して、しっかりと説明するので安心してくださいね。

当院では、患者様がストレスの少ない治療生活を過ごせるように、さまざまな工夫をしています。「インプラント治療は期間が長くて大変そう…」と思われる方も、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

大阪インプラント

大阪市阿倍野区帝塚山
1丁目2-4 2F
[診療時間] 完全予約制
診療時間:10:00 ~ 18:00
休診:木曜日、日曜日
(学会等で変更する場合がございます。)
阪堺電気軌道上町線 姫松駅 徒歩2分
南海高野線 帝塚山駅 徒歩10分